翡翠の特徴を学ぶ

骨董品としての翡翠の価値

骨董品としての翡翠の価値

骨董品としての翡翠の価値 中国から伝来して日本でも、古来から翡翠製品の人気は根強いものがあります。武器や装身具、宗教的な意味合いをもつものから芸術的な作品まで、玉(ぎょく)で作られた骨董品の価値は極めて高いものがあります。
ここで、翡翠製の骨董品の価値を考えるとき、原材料の翡翠そのものと、加工された製品の希少性との両方を見て行く必要があるでしょう。材料が琅玕(ろうかん)の様な貴重な物であるとか、高い評価を得られるような希少な本翡翠(ジェダイト)であれば高く買取られる可能性が出てきます。また、有名作家の作であったり、高い技術が見られたり、制作年代が古いことや、その時代の作品が少ないなど、市場でどのくらいの人気を博するかでも買取り状況は変わってきます。
原材料が高価な石でも、製品の人気がない場合もあれば、珍しくない軟玉(ネフライト)で作られていても希少性や芸術性のために評価が高いこともあり得ます。これらを的確に評価するのは一般人には難しいと言えるでしょう。購入の際には市場で適性価格を知る専門家の査定をお勧めします。

翡翠は骨董品買取業者に売る方法も

翡翠は骨董品買取業者に売る方法も 翡翠はパワーストーンとして知られていますが、その歴史は人間が文字を使用し始める前の先史時代にまでさかのぼります。世界最古の翡翠の加工は今から約5000年前の縄文時代に、日本の新潟県糸魚川において行われたとされています。それ以来日本や中国では価値のある宝石とされ、多くの装飾品や実用品の飾りに用いられ、富裕層やコレクターの間で流通してきました。2016年には日本の国石にも認定されたほどです。
こうした経緯を持つことから、翡翠は宝石の価値に加え、骨董品としての価値を持つこともしばしばあります。こうした品は一般的な宝石買取業者では高額な査定が下されない可能性があります。しかし、骨董品の分野に強い業者を頼れば高額査定をしてもらえる可能性が生じます。したがって、翡翠の中でも古くから受け継がれている品物であるならば、買取業者の選定を見直してみると良いでしょう。状態が良い品であれば、思いもよらない高い値段で売却できるかもしれません。

新着情報

◎2018/8/3

骨董品としての翡翠の価値
の情報を更新しました。

◎2018/6/28

含浸と買取への影響
の情報を更新しました。

◎2018/5/16

サイト公開しました

「翡翠 査定」
に関連するツイート
Twitter
Copyrignt(c) 2018 翡翠の特徴を学ぶ All Rights Reserved.